「博士」は好き?嫌い?さまざま感じ方があるかもしれないけど、そんなに悪いもんじゃない気がする、「美容師」は。そうは考えない?

気持ち良さそうに叫ぶ兄さんと季節はずれの雪

誰かの幸運は犬の笑顔に勝る
■HOME

目を閉じて歌う母さんとぬるいビール

夕食時に、グラスビールを飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に外に出かける仕事がない時に限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、マンションの近くで酒屋を発見して、父の日も近かったので購入したことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円の父の日用のワインを探しています」なんて言って。
家族にプレゼントした、そのワインが1万円ほどしたことをついつい話すと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
この一件で、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
あー美味しいと思えるアルコールだったら、お金や質にはこだわらない。

自信を持って叫ぶ先生と夕立
物語を読むことは域外の一つだけどどんな本でも読むわけではない。
江國香織さんの文章にとても魅力を感じる。
もう長いこと同じ作品を読み進めている状態だ。
主人公の梨果は、8年同棲した恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、その引き金である華子とルームシェアするようになるという奇抜なストーリーだ。
ラストは衝撃的で大胆な形だととれるが、それを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」という感じがする。
それに、江國香織は、ワード選びや登場する音楽や、物などが洗練されている。
ミリンダが出ればミリンダを飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽が出ればついCDをかけてしまう。
物の比喩の仕方が得意なのだろう。
また、ピンクグレープフルーツそっくりの月、という表現がどこから浮かんでくるのだろう。
表現力に惹かれ、夜遅くに何回も同じ江國香織の小説を読んでしまう。
好きな作家さんの作品との夜遅くの時間が夜更かしの発端なのだろう。

騒がしく吠える家族と電子レンジ

甘い食べ物がたいそう好きで、バウンドケーキや水ようかんなどをつくるけれど、子供ができて自作するものが限られた。
私と妻がめっちゃ楽しみながら口にしていたら、娘が自分も食べたがるのは当然だから子供も食べてもいいケーキを私がつくる。
自分は、チョコ系がめちゃめちゃ好きだけれども、しかし、娘にはチョコ系のケーキなどはまだ食べさせたくないのでつくりたくてもつくれない。
ニンジンやリンゴをいれたバウンドケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖とバターを控えめに入れる。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、とてもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雨が上がった金曜の昼は昔を思い出す
個々で、物の趣味や好みが存在すると思うが、それを聞くのが好き。
友達に質問してみたところ、金、スベスベの洋服、彼氏の事が好きで仕方ないとの事。
その上、異性の血管の出た腕。
それと、ロシア語の巻き舌。
私には理解できない。
りんごあめ、素肌の上に厚手のニット、香水、ハスキーボイスの若い人が好きだと、言ってみた。
まさに理解不能だと言われた。
まさにこれは、フェチという言葉がぴったりだという。

悲しそうに走る姉ちゃんと霧

富士には月見草がよく似合うというよく知られる名言を残したのは文豪の太宰だ。
太宰治は、バスで、御坂峠を通り、今の甲府へ向かっていた。
バスで偶然にも乗り合わせたお婆ちゃんが「あら、月見草」とつぶやく。
その一声で、気付いた太宰治の視界に映ったのが、月見草、同時に大きな裾野をもつ富士山である。
富岳百景に記されたのこの部分は、日本一の名山を理解するときに欠かさない。
その他の作品に出てくる、3776mの名山だ。
どの角度から見てもおんなじように美しい形をしているために、八面玲瓏と言う形容が似合うと口にされる。
全くだと思う。
私が好むのは河口湖から見る名山、富士山だ。

気持ち良さそうに大声を出す友達と突風
暑い季節は生ビールが非常においしいけれど、近頃少ししか飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日の朝にお酒が残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時はめちゃめちゃあこがれ、行くことが大変楽しみだったけれど、仕事の関係で嫌というほど行って、私の心の中では、現在、印象が悪い。
けれども、取引会社との付き合いの関わりでとっても久々にビアガーデンに行った。
大変久々にうまかったけれど、調子にのってとてもお酒を飲みすぎて、やはり、翌日に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

気持ち良さそうに跳ねる父さんと冷めた夕飯

子供の4歳の誕生日が近づいているので、プレゼントをどういったものに決めようかを迷っている。
妻と話して、体を使って遊ぶ遊具かためになるおもちゃか洋服などにするかを決定しようとしている。
考えるがなかなか決められないので、ものを見て選ぶことにしたけど、これだというものがなかった。
けど、こどもに近くにいかせてみたら、以外とあっさりと決まった。
秘密基地というおもちゃに夢中になったので、それに決めた。
ただ、家が窮屈なので、小さくて折りたたみ可能なやつに決めた。
値段が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

気どりながら踊る子供とアスファルトの匂い
田舎に住んでいたら、ネットショップでものが簡単に買えるようになったのが、めっちゃ便利だ。
その理由は、まともな本屋が市内に一軒だけしかなくて、品ぞろえも悪いから、手に入れたい本も買えないからだ。
取り寄せるよりネットで買う方が簡単だ。
だって、書店に行くのに原付で30分以上かかるからすごくめんどくさい。
ネットに手慣れたら、他のものもネットショップで買うようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は確実にネットショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

湿気の多い週末の夕暮れはこっそりと

メジャーな見学箇所の、斑鳩寺、つまり法隆寺へ行った。
法隆寺式の伽藍配置もばっちり見れて、五重塔、講堂も見学できた。
展示室で、国宝にも指定されている玉虫厨子があり、思っていたよりも少しだけ小さかった。
このお寺様に関して学ぶには、おそらく、膨大な時を要するのではないかと感じている。

陽気に歌う家族とよく冷えたビール
ある曇りの日、少年は母親からお使いをたのまれて、はくさいとネギとぶた肉を買いにいくところであった。
少年はひそかに嬉しかった。
今日はお鍋だ!わーい!…と。
しかし、事件は次の瞬間に起きたのである。
なんと、ズボンのポケットに入れていたお使いのためのお金2千円が、どこにも無いのだ!
少年はお店のレジの行列に並ぶ前に、まさかとは思っていたがズボンのポッケに手を入れて確かめてみたのだ。
そして、その瞬間、お金がないことを知ったのだ。
怒られる覚悟を決め、少年はしょうがなく手ぶらで家路につくことにした。
これからは、お金は靴の中か靴下の中に入れよう。
少年は天を仰いでそう決意した。

TOP

サイトカテゴリ

Copyright (C) 2015 誰かの幸運は犬の笑顔に勝る All Rights Reserved.